もずくを食べれば薄毛は治せるのは本当!?育毛・発毛効果はあるのか!?

もずく 発毛




もずくと言えば沖縄の海藻で、私もよく食べております。
特に三杯酢につけたもずくは嫁も作ってくれることがあり、美味しくいただいています。

そして、このもずくは海藻であるのでもちろん髪の毛によい食品と思っている方は多いはずです。
私も、もずくは髪の毛によいと思い、食べ続けることで育毛効果がある可能性はあるのではないかと思っています。

では、このもずくですが実際に育毛・発毛の効果はあるのでしょうか。
調べてみたので紹介しますね。

もずくの育毛・発毛効果!もずくを食べ続けると薄毛を改善できるのか!?

結論を言うと、もずくだけを食べ続けても薄毛や抜け毛を改善する医学的な根拠はなく、直接的な効果は期待できないというところです。
また、もずくには様々な栄養素が含まれていますが、これだけでは髪の毛が生えるという根拠もありません。

やはり、このブログでも紹介しているように、何事もバランスと取れた食事と日々の規則正しい生活をはじめ、ストレスをためにくい生活を送ることが大切です。
では、なぜもずくには育毛や発毛を促すというイメージがつくのでしょうか。

もずくは昆布などの海藻類と同じで髪の毛の成長を促すというイメージが広まっている

ほとんどの方が思うのはもずくも海藻類なので育毛や発毛に良いというイメージがある方が多いです。
海藻類に含まれている「ヨウ素」は頭皮環境を改善し、育毛にも良いと考えられているため、もずくは薄毛を改善する食べ物として認識されています。

※ヨウ素に関しての詳細はこちらの記事を参考にしてください。

【ヨウ素、ヨード】は毛母細胞を活性化し育毛を促す!薄毛・抜け毛にも効果あり!

2018年7月21日

ただし、上記でも説明したように、もずくのみを食べるのは薄毛や抜け毛の改善にはつながりません。
もずくは髪の毛の成長を促し、薄毛を改善する食品と言われていますが、もずくを食べ続けても必ず薄毛を改善するというわけではないのです。

また、髪に効果があるといわれているもずく以外の食品にも入れることですが、一つの食品のみを食べ続けても食生活の偏りを招きかねないので逆に薄毛や抜け毛を悪化させる可能性があります。

もずくが育毛によいと言われる理由は髪の毛によいと言われる栄養素を豊富に含んでいるため

では、もずくはなぜ薄毛の対策によいて言われているのでしょうか。
それは髪の毛の健康を維持すると言われている栄養素を豊富に含んでいると言われているからです。

以下では、もずくに含まれる髪の毛によいとされる栄養素について紹介します。

アルギン酸

アルギン酸はもずくのぬるぬるしているところであり、食物繊維の一つとされており、消化器官を正常化したり、コレステロール値を下げる働きを持っています。

このアルギン酸により、腸内環境が改善されることで、髪が栄養素を吸収しやすくなると考えられています。

カリウム

カリウムは細胞の水分を維持し、毛母細胞の細胞分裂を助ける栄養素の一つです。
このカリウムが不足すると、細胞分裂がうまくいかなくなり、薄毛や抜け毛を引き起こす原因となってしまいます。

葉酸

葉酸は頭皮環境で皮膚の代謝を促す働きをし、改善する効果が期待されている栄養素です。
また、体内の有害物質を取り除いたり、動脈硬化を防ぐ働きもあると言われています。

薄毛・抜け毛のための育毛【葉酸】女性の産後の抜け毛の原因を改善!

2017年9月26日

フコイダン

フコイダンはアルギニン酸と同じく、もずくのヌルヌルしたところの成分です。
このフコイダンは髪に良いと言われていますが、同じフコイダンを保有している昆布の方がもずくよりも育毛効果が期待できると考えられています。

薄毛・抜け毛のための育毛【フコイダン】は毛乳頭に含まれる細胞を活性化!

2018年6月18日

もずくに含まれる「ヨウ素」の育毛効果

もずくなどの海藻類に多く含まれている「ヨウ素」は海のミネラルと呼ばれています。
このヨウ素にもアルギン酸やフコイダンのように、薄毛対策に効果があるといわれています。ヨウ素は健康な髪の毛が育ちやすくするように頭皮環境を整える役割があります。

このヨウ素はホルモンに働きかけ、新陳代謝がスムーズに行われるようサポートをしてくれます。
これにより、糖質やタンパク質の代謝が活性化されると、丈夫な髪が育ちやすくなります。

また、女性の薄毛の原因として髪が細くなることに対し、ヨウ素を摂取することで薄毛に悩む女性の助けとなってくれます。

もずくに含まれるヨウ素の摂取方法と注意点

もずくにはヨウ素が豊富に含まれています。
もともと海藻類を食べる習慣がある日本人にとって不足しにくい栄養素だと言われていますが、もずくだけに限定せずに昆布やわかめ、ひじきなど様々な海藻類も口にするようにしましょう。

また、髪の毛の成長だけでなく、頭皮環境の健康に良いと言われているヨウ素ですが、取りすぎは甲状腺疾患の原因となると考えられています。
もずくに限らず、海藻類の食べ過ぎは薄毛が改善されないばかりでなく、逆に健康に害を及ぼす恐れが出てくるので注意しましょう。

まとめ

もずくを食べれば、薄毛や抜け毛が治るということは医学的には根拠はないと言われています。
また、もずくだけを食べても育毛に効果があるわけではありません。

髪の毛の成長を促す効果がある栄養素はもずくには多く含まれていますが、そのほかの栄養素であるタンパク質、ビタミン、ミネラルを補うために肉類、大豆製品、野菜、果物などもバランスよく食べましょう。

また、育毛にとって大前提である日々の生活習慣を見直し、シャンプーも頭皮環境に優しく負担をかけない物を選ぶなど色々なところに目を向けることが大切です。

それでは!



もずく 発毛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

育毛発毛研究家のコバヤシです。 私の家族・親戚の男性はほぼ全てハゲている中で、私はハゲたくなく、これまで多くの育毛法・発毛法を試してきました。 また、育毛剤についてただ使うだけでは髪は生えてこないこと。 育毛サプリを使う際、何がその人に必要なのかを情報発信しています。 育毛に関しての論文や書籍を読み、ただいま40歳前ですが、しっかりと髪の毛がフサフサになっている私のこれまでの育毛発毛知識を薄毛やAGAで悩んでいる方に届けていきます!