小豆は薄毛や抜け毛などの髪や頭皮トラブルを改善する効果がある!

日本でも古くから健康維持のために使用されてきた小豆ですが、最近は抜け毛や薄毛などの髪のトラブルの改善にも役立つ食品として注目を浴びています。


小豆はストレスに強い体を作り細胞を活性化し、薄毛や抜け毛などの頭皮トラブルの改善をしてくれる

小豆には「サポニン」、「ポリフェノール」、「カリウム」といった成分が豊富に含まれています。
この小豆の主要な成分ですが、以下でそれぞれの効果を紹介します。

サポニンは強い溶血作用があり、血栓を溶かす働きがある

ポリフェノールは体内の老廃物である過酸化脂質の発症を抑えて、生活習慣病、老化、ガンなどの元となる活性酸素を消去する働きがある。小豆に含まれるポリフェノールは、赤ワインやブルーベリーに含まれる赤い色素成分です。

アントシアニン系色素というポリフェノールの一種で、特に赤ワインのポリフェノールは、血液をサラサラにして、血管を丈夫にする働きが知られていますが、小豆には赤ワインにマサルポリフェノールが含まれています。

カリウムはポリフェノール、サポニンによって血液中に押し流された老廃物を、体外に排出する働きがあります。

どれも体内の老廃物を排出し、血液をサラサラにして血流をよくすることで頭皮環境への血流をよくし、髪の毛の育毛を手助けしてくれます。

前回、ポリフェノールの育毛効果についても記事を書いているのでぜひ参考にしてください。

赤ワインのポリフェノール【レスベラトロール】は薄毛・抜け毛対策で育毛効果あり!

2018年7月13日

小豆は血行不良による薄毛や抜け毛を改善する効果がある

上記のように育毛に対する有効成分を持つ小豆は、血行の不良などによって怒る生活習慣病に対する特効薬ともなります。

血行不良は薄毛や抜け毛の原因にもなり、小豆を取ることによって血流が改善されれば、自ずと頭皮の状態も良くなり、新しい髪の毛が生えてくるのに頭皮環境を最適な状態に整えてくれます。


小豆にはストレス解消に役立つ栄養素が多く含まれストレスによる抜け毛の予防にもなる

小豆にはストレス解消に役立つ、カルシウムビタミンB1ビタミンB2が豊富です。

ストレスは円形脱毛症や男性型脱毛症(AGA)の原因と言われています。
特に理由が思い当たらないのに、抜け毛に悩まされている方は、ビタミンB2不足によってストレス状態に陥り、頭皮に負担をかけているの可能性があります。

また、ビタミンB2は細胞の再生やエネルギー代謝を促し、体内で健康な髪や肌を作る働きもあります。
また、健康な骨や髪を作るのに欠かせない働きをする亜鉛ヨウ素セレンなどの微量ミネラルも多く含まれています。

まとめ

小豆は健康維持にも役に立ちますが、育毛にも有効な効果を出してくれます。
毎日小豆を食べることで薄毛や抜け毛に効果が出るので髪に悩みがある人や、日々ストレスを感じて抜け毛が増えている人は小豆をよく食べるように習慣づけるのはいかがでしょうか。

それでは!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

育毛発毛研究家のコバヤシです。 私の家族・親戚の男性はほぼ全てハゲている中で、私はハゲたくなく、これまで多くの育毛法・発毛法を試してきました。 また、育毛剤についてただ使うだけでは髪は生えてこないこと。 育毛サプリを使う際、何がその人に必要なのかを情報発信しています。 育毛に関しての論文や書籍を読み、ただいま40歳前ですが、しっかりと髪の毛がフサフサになっている私のこれまでの育毛発毛知識を薄毛やAGAで悩んでいる方に届けていきます!