発毛させることは頭皮に無理強いし逆に薄毛や抜け毛が進行してしまう可能性もある!




今、育毛を敷いている方で、育毛剤をバンバンつけて育毛をしている方は多いと思いますが、常日頃から頭皮環境を改善するために他にしていることはないでしょうか。

ただ、毎日の食生活や生活習慣を改善せず、育毛剤や発毛剤などをつけるだけだと、頭皮にかなり負荷をかけている状態となります。
そうなると最終的に頭皮は疲れてしまい逆に薄毛や抜け毛が進行してしまう可能性があります。

今回は発毛させるために、無理をしている育毛法について紹介します。

髪の毛を発毛させるのは頭皮に負荷を与えて無理強いをしている!頭皮環境が荒れているのであればすぐにやめるべき!

「強くて、髪の毛を太くする、発毛を実感」などと、どこかのCMではよく耳にするとは思います。
育毛をしているほとんどの方は今の薄毛や抜け毛を減らし、発毛させたいと思う方が多いはずです。

しかし、薄毛や抜け毛を直すための発毛をすることは危険になる可能性があります。
なぜなら発毛を促す効果は「脱毛症」を直すための効果であって、薄毛や抜け毛を直す効果ではありません。

無理やり発毛剤などを使用することは頭皮に負荷をかけてしまっている可能性があります。

薄毛や抜け毛になるときは頭皮環境が悪化し心身が疲れている状態

薄毛になるときは髪の毛の生育環境が悪化しているときです。
それは、毛細血管い血が巡りづらくなってきて頭皮の栄養状態が悪くなっている時と言えます。

そんな時の頭皮と心身は、疲れが溜まって寝込んでいるときと同じような状態となります。
頭皮と心身が弱って疲れているため血の巡りも悪くなってると言えます。

誰でも体が疲れているときは休むことが一番です。
すると全身に血が廻るようになり元気な状態に回復します。

休まずに無理して働き続けると、大抵の場合こじらせて寝込んでしまいます。

「発毛させる」ことは疲れている頭皮に無理強いをしている!

頭皮も同じで弱って疲れているときに、なんとか発毛させようと発毛剤や育毛剤を使うと、弱っている頭皮に無理強いする結果になり、さらに頭皮が弱ってしま自分の頭皮の力で血を巡らせなくなっていきます。

頭皮に栄養を与えればいいと考える人も多いですが、皮膚は外部から異物の侵入を防御するの第一関門なので、無理に与えようとするとさらに頭皮は弱ってしまい育毛どころか逆効果になりやすいです。

同じ頭皮の疲れでも、軽い場合は、発毛させるケアが効果につながることはあります。
しかし、効果があるからといって続けていると、疲れが回復せずに積み重なるので頭皮がさらに弱ってきて、最終的には発毛剤や育毛剤が効かなくなり薄毛や抜け毛が進行してしまう可能性があります。

発毛剤や育毛剤の効果だけでなんとかしようとしてきた肩の頭皮環境は何かの以上が出ていることが多いです。
例えば、赤くなっている、フケ症、あれている、擦り傷のような状態、黄色味がかった色などです。

上記に当てはまる方で、現在育毛剤や発毛剤を使用している方はすぐにやめて専門の医療機関で頭皮の状態を見てもらうことが大切です。

頭皮に無理強いすることはやめておきましょう!

まとめ

どんなに効果がある育毛剤や発毛剤をつけていても、頭皮環境が改善していないと逆に頭皮に負荷を与えてしまい、薄毛や抜け毛の進行を早めてしまう可能性があります。

育毛を始める方は、育毛剤や発毛剤よりもまずは生活習慣の改善、食生活の改善から初めて行くことが大切ですよ!

薄毛の4つの原因と誘発するダメな生活習慣

2018年11月6日

また、このブログでは育毛に効果のある食生活についても記事にしているので参考にしてくださいね。

コンビニ化した食生活は薄毛の原因に!髪の毛の育毛に最も必要なものは食べ物です!

2018年12月12日

それでは!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

育毛発毛研究家のコバヤシです。 私の家族・親戚の男性はほぼ全てハゲている中で、私はハゲたくなく、これまで多くの育毛法・発毛法を試してきました。 また、育毛剤についてただ使うだけでは髪は生えてこないこと。 育毛サプリを使う際、何がその人に必要なのかを情報発信しています。 育毛に関しての論文や書籍を読み、ただいま40歳前ですが、しっかりと髪の毛がフサフサになっている私のこれまでの育毛発毛知識を薄毛やAGAで悩んでいる方に届けていきます!