AGA・薄毛・抜け毛対策のためのブログ!潤いのある髪を1ミリでも伸ばすために栄養素を補給中!

育毛発毛生活

Monfocus / Pixabay

育毛

薬草染料【ヘナ】の育毛・発毛!薄毛や白髪などの髪トラブルを改善させる効果とは

投稿日:

「ヘナ」はインドで万病を癒す薬として用いられる薬草です。
日本では髪を蘇らせる天然の髪染めとして注目されています。

ヘナには髪の毛を三枝に保つ優れた効果があります。
使い続けることで、白髪の予防や縮毛が直毛になったり、切れ毛・抜け毛・地肌のトラブルが治るなどの効果がみられます。

さらにヘナには毛根から浸透し、体内に溜まった毒素を排出する効果があります。



海外では皮膚病の治療にも使われる薬草「ヘナ」の育毛効果と白髪の改善

「ヘナ」はインドやイラン、トルコなどで毛染めの他、皮膚病に治療にも用いられています。
一般的な髪染めである化学物質を用いたヘアダイは発がん物質や骨髄抑制に夜赤血球・白血球の減少、貧血などの可能性があり、最近では活性酸素の発生にも関わっていると指摘されています。

しかし、ヘナは昔か髪染めとして利用されており、安全性は長い歴史が立証しており、安心して使用できます。
そして、髪のトラブルである抜け毛や白髪などの改善に効果を発揮します。

そして、海外でもその安全性と効果が認められ、皮膚病の治療にも利用されています。

育毛に効果がある「ヘナ」とは

ヘナはインドを中心にパキスタンやイランなどの西南アジアから、北アフリアにかけて広く自生している植物です。
この葉を乾燥させて、粉末にしたのが「ヘナ」です。

「ヘナ」は髪の毛に対してどのような効果があるのか

ヘナは殺菌作用や抗炎症作用があります。
インドの伝承医学「アーユル・ヴェーダ」に置いて皮膚病や吹き出物、止血、やけど、打撲の治療薬として利用されてきました。

その中でも素晴らしい効果を出すのが、頭皮や髪のトラブルを改善する効果です。
ヘナは頭皮を健康に保つ力があり、抜け毛やフケ、かゆみに効果的であり、繰り返し毛染めをすることで、白髪を2割程度、黒髪に蘇らせる効果があるとされています。

「ヘナ」を使用する周期はどれくらいが良いか

ヘナによる頭皮マッサージは、頻繁に行うほどいい効果が出ます。
目安としては4週間に1回ほど行うといいです。

しかし、生理中にヘナを使用すると経血の量が減るなどのトラブルが起こりやすいので、生理中はヘナの使用はしないほうが良いです。

「ヘナ」で髪を染めた後のシャンプーはどのようにするのか

ヘナの効果を持続させ、最大限に効果を出すためには、ヘナを髪に塗ってから20時間はシャンプー剤は使わず、お湯だけで洗います。
その後はシャンプーしても構いませんが、出来るだけ自然素材のシャンプーを使うようにしましょう。

まとめ

長い歴史で人に使われ続けた薬草占領の「ヘナ」ですが、安全性はお墨付きで、使用することで、薄毛や白髪の予防になる効果があります。
さらにヘナは毛根から体内に浸透し、体内に溜まった毒素を排出する効果もあります。

また、化学物質は含まれておらず、全て自然のものなので、地肌へのトラブルもなく、肌の弱い人には改善も期待できます。
自然で安全、100%植物性で抜群のトリートメント効果を発揮する「ヘナ」を使ってみてはいかがでしょうか。

それでは!



-育毛

Copyright© 育毛発毛生活 , 2019 All Rights Reserved.