シード類(種)はビタミンEの宝庫!育毛効果抜群!

育毛や発毛をする上で、食べ物は重要となります。
食べ物と言ってもシード類(種)にも薄毛や抜け毛の改善に良いと言われている栄養素が多く含まれています。

前回、かぼちゃの育毛記事を書きましたのでこちらも参考にしてください。

「かぼちゃ」はβカロテンが豊富!種まで食べて美味しく育毛!

2019年11月21日



「シード類(種)」ビタミンE意外にも抗酸化作用のセレン、マグネシウム、タンパク質が豊富

シード類には育毛としての効果が多くあると言われています。

サンフラワーシード(ひまわりの種)とパンプキンシード(かぼちゃの種)にはビタミンEが多く含まれています。
また、セレンも豊富に含まれており、このセレンはビタミンEの数十倍とも言われる抗酸化作用を持つと言われています。

さらにマグネシウムやタンパク質も豊富でそれぞれ髪の毛の成長に欠かせない栄養素となります。

ビタミンE

ビタミンEは血行を促進し、冷え性を改善します。
これにより、血流をスムーズにし、頭皮環境に栄養を届けやすくしてくれます。

さらに毛細血管を広げ、血流を増加させ、血液もサラサラにする効果があり、育毛効果を増加します。

薄毛・抜け毛のための育毛【ビタミンE】の効果・効能!血行を促進し髪の若さを保つ!

2017年9月1日

セレン

セレンは、抗酸化作用があり、亜鉛やビタミンEなどの栄養素とともに体の参加によるs症状を防いでくれる栄養素の一つです。

薄毛・抜け毛のための育毛【セレン】の過剰摂取はハゲになる可能性も!

2018年6月16日

オメガ3脂肪酸

さらに他のシード類として、以下物はオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。

  • チアシード(シソ科サルビア属のチアの種)
  • ヘンプシード(麻の実)
  • フラックスシード(亜麻仁の種)

オメガ3脂肪酸は血行を促進する効果により、血流をスムーズにする働きがあります。
血行がよくなることにより、頭皮環境の毛細血管の血行もよくなり、髪の毛が健康に成長してくれます。

薄毛・抜け毛のための育毛【オメガ3系・不飽和脂肪酸】DHAとEPAで血行促進で毛母細胞に働きかける!

2017年9月7日

まとめ

シード類はビタミンEが豊富で抗酸化作用があります。
これにより、頭皮環境を改善し、育毛を促進します。

おやつでシード類を食べると言うのもいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください