【ヒアルロン酸】アンチエイジングと目や肌の保湿にも効果

ヒアルロン酸は関節の潤滑剤として作用し、目や肌の保湿にも効果があります。
また、優れた保水力があり、関節軟骨などに存在します。

ヒアルロン酸は体内の、特に関節では潤滑剤の働きをする関節液や関節軟骨に多く存在しています。
また、保水性が高く、ヒアルロン酸1gに対して6リットルもの保水能力があります。

ヒアルロン酸はムコ多糖の一種ですが、同じムコ多糖であるコンドロイチン硫酸とよく似た働きがあります。
その特性を生かして、化粧品や健康食品、また医薬品の材料として利用されています。


初回780円!雑誌、SNSで話題沸騰中のすごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH


スポンサーリンク

ヒアルロン酸の効果・効能・メリット

ヒアルロン酸は眼球に重要な働きをもち、弾力性のある肌にする効果があります。

ヒアルロン酸は体の中のいたるところに存在しています。
関節の他には、特に、目、皮膚に置いて、細胞組織の構築、細胞外液の水分調節、潤滑剤などの働きをしています。

体の中で最も水分を必要としているのが目です。
眼球の裏にある「硝子体」という部分には透明なゼリー状の組織で、ここにはヒアルロン酸が多く含まれ、眼球の昨日に重要な役割を果たしています。

皮膚では、表皮の下の真皮にヒアルロン酸が多く含まれ、肌の感想を防ぎ、弾力性のある肌を維持しています。

そのほかのヒアルロン酸は、必要な栄養素を必要な個所に運ぶ働きがあります。
ミネラル類、アミノ酸、ビタミン類といった栄養素は、活性酸素の除去や細胞の老化を防ぐ働きがあることから、その結果、がん予防などにも効果があると言われています。

女性のアンチエイジングにも、ヒアルロン酸は注目されている成分です。

ヒアルロン酸は退治には多いのですが、成人以降はその4分の1にまで減少すると言われています。

ヒアルロン酸を含む食品

ヒアルロン酸を多く含む食材は以下となります。

  • 鶏の軟骨
  • 鶏手羽
  • 豚足
  • カレイ
  • 魚の目
  • フカヒレ
  • うなぎ

ヒアルロン酸を摂取する際の注意点

ヒアルロン酸は、熱に弱い性質です。
しかも高分子で吸収率は低いです。

加齢とともに肌のハリがなくなってきたり、関節の痛みが出てきたりします。
その原因の一つは、体内での日あるのんさんの成分量が少なくなっているためです。

ヒアルロン酸は動物性食品に含まれますが、肉ではなく皮や骨、関節などの部位の多く含まれます。
ただ、熱に大変弱く、また、高分子で九州されにくいため、サプリメントなどの加工食品で摂取することがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です