【レスベラトロール】ぶどうに含まれる強い抗酸化力のポリフェノール

レスベラトロールは主に赤ワイン、赤ぶどうの果皮などに含まれるポリフェノールの一種です。

化学構造の違いによりトランス型とシス型の2種類に分解されます。

  • トランス型は新鮮な原材料から取れる安定した分子構造を持ちます。
  • シス型は太陽光や熱、参加などの外部刺激により不安定な状態になる分子構造を持っています。

トランス型は太陽光などの原因により、シス型に変化すると言われています。
化粧品や健康食品にはトランス型が使用されます。

レスベラトロールを多く含む食品として、北欧に自生するサンタベリーやブドウが原料である赤ワイン、ピーナッツの皮、アーモンド、ココアなどがあります。
適量のワインは心臓病などのリスクを下げますが、飲み過ぎは禁物です。


初回780円!雑誌、SNSで話題沸騰中のすごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH


スポンサーリンク

レスベラトロールの効果・効能・メリット

レスベラトロールは強い抗酸化力を持ち、細胞の酸化を防ぐとともに、老化要因を抑制し、寿命を延ばすと言われている長寿遺伝子を活性化させるといわれています。
健康な成人を対象とした比較試験で、レスベラトロールを1回摂取させたところ、レスベラトロールの濃度に応じて脳血流量が増加したと確認されています。

Ⅱ型糖尿病患者を対象とした比較実験では、レスベラトロール摂取によってインスリン抵抗性の改善と酸化ストレスの現象が認められたとの報告もあります。
健康肥満者を対象とした比較実験ではレスベラトロールを30日感摂取させたところ、インスリン抵抗性の改善、血漿中性脂肪値の低下、収縮期血圧の低下が確認されています。

また、傾向摂取した場合、代謝過程で構造が変化するため、血漿中にレスベラトロールとして検出される量は非常に少ないとされています。

レスベラトロールを含む食品

レスベラトロールを多く含む食品は以下となります。

  • 赤ワイン
  • ぶどうの果皮
  • ピーナッツの皮
  • アーモンド
  • りんごの皮
  • メリンジョ
  • イタドリ
  • リンゴベリー

レスベラトロールは食品から摂取は可能ですが、多くを摂取するのは非常に難しいため、基本的にはサプリメントを導入するのがおすすめです。

レスベラトロールを摂取する際の注意点

レスベラトロールはホルモン感受性疾患と外科手術患者は摂取に十分気をつけてください。

乳がん、子宮がん、卵巣がん、子宮内膜症、子宮筋腫など、ホルモン感受性疾患の患者は使用を避けてください。
また、抗血小板作用があるため外科手術患者は手術後2週間以内の摂取は避けたほうが良いとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です