筋トレは薄毛やハゲの原因になる!?筋肉を鍛えることで頭皮に悪影響があるのか?

前回、運動不足や偏った生活習慣が薄毛の原因になることを記事にしました。

薄毛の4つの原因と誘発するダメな生活習慣

2018年11月6日

運動不足は、体全身の血流の流れが悪くなり、頭皮環境に悪影響を与えます。

そして、その運動不足を解消するために、ウォーキングなどの運動をすることで育毛の効果があることを記事にしました。

大腰筋ウォーキングは軽い運動で健康な髪の毛と育毛効果が期待できる!

2018年9月27日

この大腰筋ウォーキングは簡単に実践することができ、育毛にも効果的な方法です。

しかし、育毛をする上で、このようなことを耳にしたことは無いでしょうか?

筋トレをすると薄毛やハゲの原因になる

私も、育毛をしていると、このようなことが検索結果に出てきたりし、筋トレをしない方がいいのでは無いかと思ったりしたこともあります。
では実際、筋トレは薄毛やハゲの原因になるのでしょうか。

今回は筋トレと薄毛・ハゲの関係について調べてみたので紹介します。

筋トレは薄毛の原因になる可能性はある!筋肉を鍛えることで男性ホルモンを活性化させAGAを促進させ頭皮への悪影響も!?

スポーツ会ではドーピング検査が行われますが、禁止薬物の中でも筋肉増強剤は男性ホルモンそのものとなります。

男性ホルモンを体内に入れることで、筋肉がつきやすくなります。
これはトレーニング効果を最大限に発揮させたいときに、こうした薬物を使おうとするわけです。

このように筋トレをすると男性ホルモンを活性化させると考えることができます。
そして、男性ホルモンが活性化すると、AGAを促進するという風に考えられています。

筋トレで発毛や育毛に悪影響を与えるのは過度なトレーニングをしている人だけ!普通のトレーニングは薄毛に問題なし!

それでは、筋トレをすると薄毛やハゲに繋がってしまうから、筋トレはしないほうがいいのではと考える人は多いと思います。
しかし、それは間違いです。

筋トレが発毛や育毛に影響があり、薄毛の原因となったとしてもそれは過度な筋トレを行なっている人だけです。

常識的な範囲で筋トレをしている人には当てはまりません。

筋トレの影響で頭皮に悪影響や薄毛になる原因を作るというよりもシャンプーなど適切なケアが大切

筋トレで薄毛になるのは過度なトレーニングや禁止薬物を使用して無理やり男性ホルモンを活性化している人です。
普通に筋トレをしている人にとっては全く問題はないと考えて問題ないです。

それよりも、シャンプーなど適切なケアができているかどうかの方が頭皮への影響が大きいと考えた方がいいです。

男性ホルモンと薄毛で言えば、女性の髪の悩みについても関連はあります。
女性は閉経に向かって女性ホルモンが減少していき、相対的に男性ホルモンが優位になっていくため、中高年期にかけて薄毛の傾向が出てくるのではないと考えられます。

どちらにせよ、ホルモンの分泌が髪の状態に影響していることは間違い無いです。

まとめ

普段通りの筋トレで薄毛やハゲになることはありません。
過度な筋トレ、禁止薬物などを使用して無理やり男性ホルモンを活性化するようなことをすると薄毛を招くことはあります。

日常生活で、適度な運動、普段通りの筋トレは全く問題は無いです。
むしろ、日常に適度な運動を取り入れて、健康な体をキープし、頭皮環境をきちんとケアすることが大切です。

それでは!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

育毛発毛研究家のコバヤシです。 私の家族・親戚の男性はほぼ全てハゲている中で、私はハゲたくなく、これまで多くの育毛法・発毛法を試してきました。 また、育毛剤についてただ使うだけでは髪は生えてこないこと。 育毛サプリを使う際、何がその人に必要なのかを情報発信しています。 育毛に関しての論文や書籍を読み、ただいま40歳前ですが、しっかりと髪の毛がフサフサになっている私のこれまでの育毛発毛知識を薄毛やAGAで悩んでいる方に届けていきます!