アレルギー体質の人の薄毛や抜け毛!特にアトピー体質は改善しにくい!

薄毛や抜け毛の中には皮膚のアレルギーが原因の方が多くいます。
私も、下手に界面活性剤が入っているシャンプーやコンディショナーで髪を洗ったりすると頭皮が赤くなってかゆみが出たりと皮膚トラブルを起こしたりします。

ひどい時はふけがずっと出てますよね。
特に皮膚のトラブルやアレルギー体質の人は今回の記事を参考にしてくださいね。

薄毛や抜け毛で悩む人の中にはアレルギー体質で皮膚の分泌が少なくヘアケア製品で影響を受ける人もいる!

髪の毛や頭皮環境のトラブルを抱えている人、薄毛や抜け毛の悩みがある人の体質を聞くと約7割の人が何らかのアレルギーを持っていたり皮膚が弱い人が多いと言われます。

上記でも、説明したように例えば、毛穴の皮脂をごっそりとるようなシャンプーで洗髪したり、リンスやコンディショナーをつけた後にかゆみやフケなどの肌トラブルになってしまう方がいます。

もちろん、このようなトラブルは頭皮にシャンプーやリンスなどがあっていなく、綺麗に洗い流したとしてもただ頭皮環境にダメージを与えるだけで、どんどん頭皮環境が悪くなっていきます。

アレルギー体質の人の多くは皮脂の分泌が少ない!

そして、上記のような体質の人は総じて皮脂の分泌が少ない方が多いです。
皮脂の分泌能力が低いのは外部からの影響を防御する力が弱い体質と言えます。

なので、薄毛の原因の一つであるヘアケア製品やカラー剤・パーマ液等の影響を強く受けています。
人の頭皮環境はみんな違います。あの人は大丈夫なのに自分はダメなんてことは当たり前です。

また、季節の変わり目や気温の変化・ストレス・生活環境の急激な変化にも弱く、髪の毛を育てるために必要な心身の余裕を無くしやすい体質でもあります。

特にアトピー体質の人は薄毛や抜け毛などの改善をしにくい!

薄毛や抜け毛の原因の一つとなるアレルギー体質の一番厄介になるのがアトピー体質の人です。
食べるものが制限されたり、皮膚に使うものも制限されたり、同じことをやっているのにアトピーの症状が出ている時には全く効果に繋がらなかったり、花粉の季節には悪化したりして、なかなか一筋縄ではいきません。

次に厄介になるのは、アトピー以外のアレルギー体質の人や皮膚の弱い人が、皮脂を取り、育毛剤や発毛剤を利かすような方法を使ってる場合です。
もともと皮膚が弱い上に、弱い防御膜を破って育毛剤や発毛剤の作用を与えているので、弱っている頭皮がなかなか元に戻りません。

ひどい方の中では頭皮の状態が健康になるまでに半年や1年以上かかる人もいるみたいです。

育毛は自分の体質や皮膚の状態をしっかり知っておくことが重要です。
無視して無理やり育毛剤や発毛剤をかけても逆効果になります。

育毛をするときは気をつけましょう!

まとめ

アレルギー体質やアトピー体質の方で育毛をしている方は、十分肌の状態を観察しながら育毛をするようにしましょう。
無理やりな皮膚にダメージを与えるような育毛をすると、薄毛や抜け毛はどんどん進行していきます。

このような方は、自分流で育毛をしないで、しっかりと専門の機関へいき、AGAの治療を受けるべきです。
必ず、自分で育毛するよりも満足できる育毛ができるはずですよ!

それでは!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

育毛発毛研究家のコバヤシです。 私の家族・親戚の男性はほぼ全てハゲている中で、私はハゲたくなく、これまで多くの育毛法・発毛法を試してきました。 また、育毛剤についてただ使うだけでは髪は生えてこないこと。 育毛サプリを使う際、何がその人に必要なのかを情報発信しています。 育毛に関しての論文や書籍を読み、ただいま40歳前ですが、しっかりと髪の毛がフサフサになっている私のこれまでの育毛発毛知識を薄毛やAGAで悩んでいる方に届けていきます!