AGA・薄毛・抜け毛対策のためのブログ!潤いのある髪を1ミリでも伸ばすために栄養素を補給中!

育毛発毛生活




育毛・発毛

舞茸(マイタケ)の育毛効果!男性ホルモン抑制と毛母細胞を活性化し薄毛・抜け毛を解消!

更新日:

薄毛や抜け出で悩んでいる方は、育毛効果のある食材を積極的に摂取していくことは大切です。
育毛は頭皮に育毛剤を塗布すればいいってものではありません。

日々の食生活も大切です。
育毛に良い食材としてマイタケに含まれている成分では男性ホルモンの抑制を促し、毛母細胞を活性化させる効果があると言われています。

今回は舞茸(マイタケ)の育毛効果について紹介します。

舞茸(マイタケ)の育毛効果は毛母細胞を活性化と男性ホルモンの抑制!薄毛や抜け毛の改善

舞茸(マイタケ)には、体の免疫力を高めて細胞を活性化するタンパク質、「β-グルガン」の一種が含まれています。
このβ-グルガンが、弱体化した弱体化した毛母細胞を活性化する働きを持ちます。

毛母細胞が活性化することにより、髪の毛の成長が活発に働き、毛周期が正常な動きをし、徐々に髪の毛の抜け毛がへり、しっかりとコシのある毛髪を育ててくれます。

舞茸(マイタケ)は男性ホルモン「5αリダクターゼ」を働きを抑制する

舞茸に含まれるβ-グルガンは男性型脱毛「AGA」の原因となる「5αリダクターゼ」とういう酵素の働きを抑制する効果があります。
この5αリダクターゼは、毛根周辺に存在する酵素で、この5αリダクターゼが男性ホルモンの「テストステロン」と結び付くと「ジヒドロテストステロン」に変化します。

このジヒドロテストステロンが、男性の薄毛や抜け毛の原因となってしまいます。
こんホルモンが髪の毛の毛母細胞の働きを抑えることがAGAの原因となりますが、舞茸のβ-グルガンは、これを初期の段階でブロックします。

育毛に効果がある「マイタケ育毛水」の作り方

ということで、舞茸の成分を直接頭髪に使用するということで、「マイタケ育毛水」というものがあります。
マイタケ育毛水はどんなタイプの抜け毛にも優れた効果を発揮すると言われています。

生活習慣病やガンの予防にも効果があると言われている舞茸から抽出したエキスには毛母細胞を活性化し、育毛を促進する「β-グルガン」が豊富に含まれています。
男女を問わず、あらゆるタイプの脱毛に効果があると言われているので一度作ってみるのもいいかと。

材料(6週間分)
舞茸:500g
ホワイトリカー:1ℓ
水:適量
密閉容器:スプレー容器

作り方

  1. 舞茸を水分が抜けて、干からびるまで1週間から10日間陰干しにする。
  2. 密閉容器に舞茸を入れてホワイトリカーを注ぎ、1ヶ月間漬け込む。
    舞茸のエキスが出て、リカーが黒褐色になるので、舞茸をつけたまま冷暗所で保存する。
  3. 原料と水を1:2の割合で薄めれば出来上がり。割った後は2週間で使い切るようにする。

マイタケ育毛水の使い方

それでは以下ではマイタケ育毛水の使い方となります。

  1. 夜、お風呂に入った時にシャンプーなどの洗髪時、しっかりと頭皮や皮脂の汚れを洗い流す
  2. タオルなどで、髪の毛の水分をよく拭き取る
  3. 頭皮全体がしっとりすrくらいの寮の舞茸の育毛水を頭に吹きかける
  4. 指の腹で頭皮をゆっくりとマッサージする

また、翌朝も舞茸育毛水をつけるとさらに効果が上がります。

まとめ

育毛には頭皮の結構をよくすることや毛母細胞に十分な栄養を与えることが大切です。
市販で売られている高濃度の舞茸育毛水には、造血作用のあるビタミンB12や血流をよくするトウガラシなどが含まれたものもありますので利用してみるのもいいかもしれません。

ただし、使用する前には必ずパッチテストを行い、マイタケ育毛水を肌に1滴つけて10分間肌の状態を確認しましょう。
肌に赤みが出たり、かゆみが出た場合はマイタケ育毛水を使用するのはやめましょう。

逆に薄毛を進行してしまいますよw

無理をせず、ゆっくりと確実に継続していくことが育毛への近道となるので今回の記事を参考にしてくださいね。

それでは!





-育毛・発毛

Copyright© 育毛発毛生活 , 2019 All Rights Reserved.