ウーロン茶(烏龍茶)には男性ホルモンを抑制し薄毛を改善!育毛発毛効果について

中国人は髪の毛がフサフサな人が多いと言われています。
その理由の一つに「ウーロン茶」ではないのかと言われています。

世界の主要21か国で最も薄毛率の低かったのが、ウーロン茶を習慣的に飲む中国となっており、大手発毛クリニックの調査によるとウーロン茶には薄毛の原因を阻害する効果があることが確認されたといいます。

ウーロン茶(烏龍茶)に男性ホルモン(5αリダクターゼ)抑制作用があり薄毛の改善をする

ウーロン茶には男性ホルモンを抑制する作用があります。
薄毛の原因となる「5αリダクターゼ」を阻害し、薄毛の改善、育毛を促進する効果が確認されています。

これは、2016年3月26日-29日にて行われた日本薬学会第136年会で発表されています。

前回お茶(緑茶)についての育毛・発毛効果を紹介しました。

お茶(緑茶)で薄毛改善!頭髪を洗うと育毛・発毛!カテキンの知られざる効果とは!?

2019年5月25日

お茶の生理作用については数々の研究がされており、育毛に関する発表も多くあります。
しかし、その多くの研究発表の内容が緑茶を対象としたものであり、緑茶以外のお茶においての育毛の研究報告は少ないのが現状です。

育毛研究によるウーロン茶(烏龍茶)の育毛効果の期待

育毛研究では半発酵茶とされるウーロン茶を研究対象とし、育毛作用に関連する評価試験を実施した結果、ウーロン茶の含有成分には男性ホルモン作用を介した育毛効果が期待できることが確認されました。

ウーロン茶に含まれるカテキンは、緑茶と同様の効果があり、5αリダクターゼを抑制する働きがあります。
AGA(男性型脱毛症)を引き起こす要因となる5αリダクターゼは、男性ホルモン(テストステロン)と結合することで「ジヒドロテストステロン」という酵素に返還され、薄毛や抜け毛を誘発します。

ウーロン茶(烏龍茶)と緑茶の育毛・発毛効果の違い

それでは、ウーロン茶の発毛効果に関して、緑茶との違いはどのようになるのかということです。

ウーロン茶は茶葉を発行する過程で、「ウーロン茶重合ポリフェノール(OTPP)」というものができます。
これには強い脂肪分解作用があり、飲むことにより、血液中の資質が減少し、血流が改善されます。

さらに、これを頭皮にかけることで頭皮の余分な皮脂を除去し、頭皮が清潔な状態になり、頭皮環境を改善することができます。

まとめ

ウーロン茶の育毛・発毛に関する研究をまとめると以下の確認がされています。

  • AGA(男性型脱毛症)の原因となる「5αリダクターゼ」の働きを抑制する
  • 男性ホルモン「テストステロン」はウーロン茶エキスを使用することで抑制する
  • マウス毛政調試験において、ウーロン茶エキスはテストステロン処置のマウスの育毛促進をすることが確認された

それでは!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

育毛発毛研究家のコバヤシです。 私の家族・親戚の男性はほぼ全てハゲている中で、私はハゲたくなく、これまで多くの育毛法・発毛法を試してきました。 また、育毛剤についてただ使うだけでは髪は生えてこないこと。 育毛サプリを使う際、何がその人に必要なのかを情報発信しています。 育毛に関しての論文や書籍を読み、ただいま40歳前ですが、しっかりと髪の毛がフサフサになっている私のこれまでの育毛発毛知識を薄毛やAGAで悩んでいる方に届けていきます!