AGA・薄毛・抜け毛対策のためのブログ!潤いのある髪を1ミリでも伸ばすために栄養素を補給中!

育毛発毛生活

Free-Photos / Pixabay

育毛

ヘアカラー白髪染めやパーマで髪が痛む原因と改善する対処法はヘナカラー!

更新日:

ヘアカラー、白髪染めやパーマをした後って髪が痛むひとが多いですよね。
原因はこれらに化学合成物質を使用しているせいです。

それでは、ヘアカラー、白髪染めやパーマをして髪を傷めないようにする良い方法はあるのでしょうか。
今回はそれについて紹介します。



ヘアカラーやパーマで髪が痛むのは化学合成物質をしようしているから!天然素材のみをしようしたヘナカラーがおすすめ!

上記でも説明したようにヘアカラー、白髪染め、パーマなどで髪が痛む原因は化学合成物質をしようしているからです。
それを防ぐために、天然素材のみをしようしたヘナカラーという白髪染めがあります。
※中には合成染毛剤を使っているものもあるので注意してください。

このヘナカラーを使うと、髪の色がオレンジ色の仕上がりになってしまうと思う方が多いと思いますが、そんなことはありません。
ヘナカラー単体で白髪染めをするとオレンジ色の仕上がりになりますが、そこへインディゴなどの色を加えることで、コーヒー豆程度には濃い色にすることができます。
さらに現在ではあらかじめブレンドしたヘナカラーも売られています。

100%天然成分のヘナカラーを使ってコーヒー豆の色になるのであれば、白髪染めとしては十分ではないでしょうか。
しかも髪が痛まないので、余計なヘアケア用品も買わなくて済みますよ。

ヘナカラーは髪も痛まず、トリートメントの効果もある

天然素材のみをしようしたヘナカラーを使うことで、髪の毛は痛まないどころか、トリート園との効果もあるので、美髪にも効果があります。
ただ、たまにアレルギー反応を示す人もいるので心配な方は必ず、パッチテストをするようにしましょう。

化学合成物質のカラーリングを使用する場合は、頭皮にカラーリング剤が塗布しないように注意する

どうしても美容室などでカラーリングする場合は、化学合成物質のカラーリング剤を使い場合、美容師に頭皮に着かないようにカラーリングしてほしいことをあらかじめ伝えておきましょう。

もしくは、ヘアマニキュア塗りにしてほしいと伝えると大丈夫です。
そうすれば、美容師側も頭皮にカラーリング剤が着かないように配慮してくれます。

また、カラーリングのあとはシャンプーの泡が透明になるまで洗って余分なカラーを落としますが、シャンプーだけでは落としきれないものが残っています。
そういう残留成分は、当ブログでも紹介している粉シャンプーの重曹で綺麗に取ることができるのでオススメです。

粉シャンプーはここで買おう!やり方や頻度は?べたつきはあるのか?

前回、育毛にすごくいいという粉シャンプーについて紹介しました。 粉シャンプーを開発した「ヘッドスパ専門店プーラ」では経済的で健康的な育毛シャンプー、オリジナルの粉シャンプーの販売を開始しました。 前回 ...

カラーリングをする前に頭皮にオイルを塗ることで頭皮の保護ができる

カラーリングをする前に頭皮に塗るオイルが市販されています。
カラーリング前にこのオイルを塗っておくことで、カラーリング剤が流れてしまった場合でも頭皮を守ることができます。

カラーリング剤は頭皮には刺激が強いのですが、オイルで保護すれば頭皮への刺激はかなり抑えることができます。

これも美容院で美容師に要望すればやってくれますが、気をつけなければいけないのは美容院によっては古いカラーリング剤やパーマ剤を使っているお店があります。
最近は頭皮に優しいカラーリング剤やパーマ剤が出ていますが、そのようなものを使わず、在庫が余っているのか昔からある薬剤を使い続けている美容院はまだまだあるので注意しましょう。

古いカラーリング剤、パーマ剤を使っている美容院では髪の毛はかなり痛む!

上記でも説明したように、美容院によってはかなり古いカラーリング剤、パーマ剤を使っているところが多いです。
このような古い薬剤を使うと1回使っただけでも、髪の毛は相当痛みます。

下手に美容院を間違えると相当髪の毛が痛むことは必ず頭に入れておきましょう。

最新の薬剤を使用し、まともな美容院を見つける方法

それでは、どのように最新の情報をもち、丁寧な仕事をしている美容院を選べばいいのかということですが、以下が挙げられます。

  • 美容院のサイトを見ること
  • 初めて行く美容院ではまずはカットをしに行きその時にパーマ剤やカラーリング剤がどれを使っているのかを確認する

髪に優しいことを歌っているお店は、随所にそれなりのこだわりが見られます。
使っている水にこだわっていたり、商材に天然素材のものを使っているお店がオススメです。

さらに、初めて行く美容院では、まずはカットをしに行き、どのような商材を使っているのかさりげなく聞くことも大切です。

まとめ

カラーリング、白髪染め、パーマなどで髪の毛が痛みやすい、現在痛んでいる人は化学合成物質が原因で痛んでいる可能性がかなり高いです。
今回の記事を参考にして頂き、ヘナカラーを使ってみたり、頭皮用のオイルを事前に塗ったりすることをオススメします。

また、美容院でカラーリングをする際は、できる限り事前情報をとったほうが無難です。
しっかりした美容院では髪のことを考えてくれるので安心できますし、髪が痛むことはないですよ!

それでは!



-育毛

Copyright© 育毛発毛生活 , 2019 All Rights Reserved.